東南アジアの最大級のオンラインショッピングサイトLAZADA(ラザダ)とは

LAZADA(ラザダ)

東南アジアのインターネットビジネスに携わる人なら一度は絶対に耳にしたことがあるEコマースサイトLAZADA(ラザダ)

LAZADA(ラザダ)は2011年にドイツのRocket Internet(ロケット・インターネット)が東南アジアで設立をしたショッピングサイトです。日本だと聞きなれないRocket Internet(ロケット・インターネット)は、既に成功しているサービスをコピーして、まだサービスがローンチされていない国で展開し売却で収益をあげるビジネスモデルの企業。

そう、LAZADA(ラザダ)Rocket Internet(ロケット・インターネット)Amazonをコピペして作られたショッピングサイトになります。これがLAZADA(ラザダ)東南アジアのAmazonと言われる由縁でしょう。

 

東南アジアはシンガポール以外は発展途上国です。東南アジアの人口数と今後の経済成長を考えると非常に魅力的なマーケットなのは間違いありません。

LAZADAシンガポール トップページ

LAZADA(ラザダ)の展開国

見ての通り主要東南アジア6カ国でオンラインショッピングを展開しています。東南アジアはシンガポール以外は発展途上国でこれからの経済成長も見込めますし、東南アジアの人口数は主要6カ国の合計で約5億6万人の規模になります。日本人口が1億3千万人なので約5倍の大きさです。

出典:TechCrunch

東南アジア各国の状況

シンガポールのみQoo10Carousellの方が上位にいますが、それ以外の東南アジア国では総合Webサイトトップランキングで20位以内にランクインしています。まさに日本のAmazon的な位置付けです。

インドネシア

  • Webサイトトップランキング:14位
  • 平均月間トラフィック:約122.18M

フィリピン

  • Webサイトトップランキング:14位
  • 平均月間トラフィック:約70.59M

タイ

  • Webサイトトップランキング:14位
  • 平均月間トラフィック:約69.33M

マレーシア

  • Webサイトトップランキング:14位
  • 平均月間トラフィック:約52.13M

ベトナム

  • Webサイトトップランキング:14位
  • 平均月間トラフィック:約43.96M

シンガポール

  • Webサイトトップランキング:14位
  • 平均月間トラフィック:約10.89M

参考:SimilarWeb 2018年1月

モバイルアプリのMAUを見ても東南アジアのほとんどの国でトップ3に入っています。

LAZADA(ラザダ)は収支は赤字

今回のディールにおけるラザダの評価額は15億ドル(約1,620億円)だが、これは同社の増え続ける赤字額からすると大きな金額にも見える。ラザダの2014年の売上高は1億5,430万ドル(約167億円)と、2013年の7,550万ドル(約82億円)から倍増しているが、純損失も2013年の6,700万ドル(約72億円)から1億5,250万ドル(約165億円)へと大幅に増えている。

引用:Forbes JAPAN

出典:Bloomberg

LAZADA(ラザダ)を使ってみた

フィリピンのLAZADA(ラザダ)体験談

既にシンガポールでサービスをローンチしたAmazonに勝てるのか?Alibaba(アリババ)の買収から今度LAZADA(ラザダ)がどのような成長をするのか?今後もLAZADA(ラザダ)の動きに注目です。