アルコール販売禁止でインドネシア酒呑みの乱れが問題になるかも

bintang_1

beerworldmap_1

先月の半ばくらいからでしょうか。 ジャカルタのコンビニからお酒が消えました。 個人的にもかなりお酒が好きなほうなのでかなり衝撃のニュース「インドネシア4/16からコンビニなどで酒類の販売禁止」が、インドネシアで報道されました。

インドネシアの酒類販売禁止ニュース

インドネシア政府は4月16日から、コンビニエンスストアなど国内ミニマーケットなどでアルコール飲料の販売を禁止する。2015年1月、ラフマット・ゴーベル商業相が商業大臣令(2015年第6号)に署名。署名後3カ月間を移行(猶予)期間としたが、実施まであと2週間余りとなった。全国各地のコンビニはアルコール飲料の販売を順次、打ち切っているが、他の州とは異なり、イスラム教徒より圧倒的にヒンドゥー教徒の多いバリ州は除外するよう政府に求めている。

商業大臣令によりアルコール類の禁止対象となったのはコンビニやキオス(売店)、ワルン(屋台)。コンビニは大統領令によって、売り場面積が400平方㍍未満の店舗と規定されており、国内に約2万3000店舗ある。大臣令ではそれより小さな店も含めて、度数5%以下のアルコール飲料全品の販売を禁止する。ただ、400平方㍍~5000平方㍍以内と定義されているスーパーマーケットをはじめ、レストランやホテル、カフェなどは対象外。地元メディアなどが報じた。

引用:Weekly Indonesia

インドネシア在住のお酒呑みには大変な出来事です。

4月16日からと実施予定となっていますが、既に各コンビニ店舗では実施をされているようです。

今まではウイスキーやワインなどは置いてなくてもビールやチューハイ的なものは普通にコンビニでもビールなどが買えましたが、既に帰宅後には自宅の近所にあるコンビニでビールも買えない状況です。

自宅では仕事後のビールを空ける至福の時を今まで過ごせていたのですが、もう帰宅後に気軽にビールをコンビニで購入することは不可能なようです。

コンビニ以外では購入が可能みたいで、RANCH MARKET(いわゆるインドネシアのスーパーマーケット)などの大型店舗では購入はできるのですが、店によっては一般の棚に置かずアルコールコーナーが店内から少し離れた場所に置かれており、そこでの購入が可能です。

今ではインドネシアに在住のお酒呑みの方はビールなどのアルコールの買いだめが必須な状況となっていますね。

日本からの持ち込みの際は制限が量に制限がありますが、パックのお酒であればイミグレーションで引っかかることはないみたいです。

インドネシア人お酒事情はどうなってるの?

個人差はあるみたいですが、基本的にお酒を飲まないイスラム教徒が世界一多く存在をしているインドネシアでは1人あたり年間のアルコールの消費量が0.59リットル(2011年度)と低くため、インドネシアではバリを除いてそれほど困ることではなさそうです。

ちなみに日本人は8.03リットル(2011年度)らしいので、インドネシアの方に比べると10倍以上のアルコールを1年間に呑んでるみたいです。

日本人って本当にお酒が大好きなんですね。

何かと注目されているインドネシアだけにビジネスで海外のかたも多く滞在をしているため、お酒好きの海外の方からは困ったニュースです。

個人的にも好きなインドネシアのビールBINTANG BEERでしたが、呑む機会が減ってきそうです。

僕もいい年齢に近ずいてきてはいるので、お酒を控えていいきっかけになるかもしれませんね。

その後のインドネシアのアルコールの販売に関して

商業省はアルコールの流通・販売規制を緩和する。ことし4月にコンビニなどミニマーケットで5%以下のアルコールを含む酒類の販売を禁止した大臣令を見直し、地方自治体ごとの管理体制に戻す方針で進めている。

引用:じゃかるた新聞

2015年の9月にコンビニでもアルコールが買えるように見直したけど、2016年7月現在だとまだコンビニでは買えないです。インドネシアの動きを考えると、まだまだ先の話になりそうです。

参考記事

インドネシア4/16からコンビニなどで酒類の販売禁止

世界のビールマップ

1人当たりのアルコール消費量 国別ランキング(2011年)【世界保健機関 WHO】

はてブはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

feedlyに登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TAKASHIMATSUURA.NETをTwitter で
Takashi Matsuura
インドネシア在住。インドネシアでアフィリエイトのサービスの立ち上げしてます。メディア複数運営中。東南アジアのデジタル周り専門にブログ書いたりしてます。