インドネシアのキュレーションメディア。これから流行る?キュレーションメディアまとめ

インドネシアも3年前に比べるとメディアの種類がだいぶ増えてきた感じがします。

以前はインドネシアで注目されるのは日本のYahoo!的なニュースポータルとか、2ちゃんねる的なフォーラムサイトばっかりでした。代表的ななサイトだとKOMPAS.COMとはKASKUSとかなんかがそうですね。

最近はポイントサイトやクーポンサイトだったり、以前にはインドネシアになかったサイトも出てきてます。

また、日本のGunosyがインドネシアのキュレーションアプリサービスに出資をしたりもしていて、これからもっとキュレーションメディアは多くなるんだろうな。って思ってます。

Gunosyの出資に関しての詳しいニュースはこちらから

サイバーエージェント・ベンチャーズもKurioに出資してますね。

今回はKurioを筆頭に、インドネシアで盛り上がりをみせるかもしれないキューレションサイト・アプリまとめです。

 

インドネシアのキュレーションサイト

Kurio

kurio_1

https://kurio.co.id/

Webサイトは存在してなくて、アプリだけです。

僕もアプリをダウンロードしてるんだけど、かなりサクサクで全くストレス感じないです。

インドネシアに住んでるからSmartNewsとかの表示速度が実感出来ないんだけど、インドネシアのモバイルの回線悪い環境でもKurioのアプリの記事はちゃんと表示されますね。

みんなもインドネシアに来た時はインストールして触ってもらいたいです。

 

kurio_2

iPhoneアプリのトップページ

トップページは至ってシンプルな感じです。

キュレーションアプリによるある機能の自分の興味があるカテゴリーのフォローとかもTopicsのボタンのところから出来ます。

kurio_3

おしゃれなメニューバー

日本で見たことないメニューバー!個人的には遊び心があって好きですね。

hipwee

 hipwee_1

http://www.hipwee.com/

去年の年末くらいローンチされたキューレションサイトhipweeです。

日本ではあまり知られていないMigMeという企業が運営しています。MigMeは以前はインドネシアではチャットアプリでサービスを展開してましたが、あまり事業が上手くいかなかったのか?主力サービスをキューレションサイトのhipweeに変更してます。

Kurioと違いはWebサイトとアプリの両方あるところですかね。

MigMeの企業情報はこちらから

beautynesia

beautynesia

http://beautynesia.id/

日系企業発、ジャパンコンテンツトレーディングがインドネシアで展開する美容に特化したキューションサイトです。

もう既に月間200万PVもあるらしいです。

発展途上国だと経済が発展がすると同時に美容に気を使い始める人が増えるから、かなり期待が持てますよね。

beautynesiaの詳しいニュースはこちらから

今確認が取れているだけだと、インドネシアで展開してるキュレーションメディアは3サイトですね。

まだまだ、メディア数も少ないですし各社の広告もそれほど見かけない状況です。

よく思いだせば日本もそんな感じでしたよね。

最初はGunosyから始まりどんどんプレイヤーが増えて、今はもうレッドオーシャン化。

既にバーティカルなキュレーションメディアが50サイト以上って。。。

日本だともう既にどのサイトが、どのカテゴリーのキュレーションをしてるのか全然わかりません。

 

日本でキュレーションメディアを新規で立ち上げるなら、インドネシアでキュレーションメディアを立ち上げた方が、よっぽど可能性がありそうですよね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします