WordPressをサーバーNaviで運営した時に生じる403 Error – Forbiddenページを解決する方法

サーバーNaviでこのブログを運営してるのですが、利用しているプラグインの設定し直して保存すると403 Error – Forbiddenが表示されて変更した設定内容を保存できません。

ブログのメニューの変更をする時も同じ現象が起きてました。

403 Error – Forbiddenページ

色々調べているとサーバーNaviに追加されたWAFが原因っぽいです。

WAF

WAF(ワフ)はWeb Application Firewallの略で、Webアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。Webサーバーの前段に設置して通信を解析・検査し、こうした攻撃からWebサイトを保護し、不正ログインを防ぐ役割で用いられます。

オンライン・バンキングやショッピングサイトのように、ユーザーからの入力を受け付けたり、リクエストに応じて動的にページを生成したりするなど、アプリケーションを作りこんだWebサイトの保護に適しています。

引用:キヤノンITソリューションズ

サーバーNaviのコントロールパネル(管理画面)にログインをしてWeb設定→WAF設定をクリック。対象ドメインの状態を無効にしてからアクションの変更ボタンをクリックすると状態が変更されます。

注意:一括では変更はできずドメイン毎に状態を変更する必要があります。

反映されるまで1時間程度かかるので1時間後に改めてWordPressのプラグインやメニューの設定の変更を行ってください。無事解決されているはずです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

はてブはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

feedlyに登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TAKASHIMATSUURA.NETをTwitter で
Takashi Matsuura
インドネシア在住。インドネシアでアフィリエイトのサービスの立ち上げしてます。メディア複数運営中。東南アジアのデジタル周り専門にブログ書いたりしてます。