フィンテック先進国!シンガポールのICOをまとめてみました

最近はちょっと落ち着いてきた仮想通貨。去年の末にグッと全体的に仮想通貨の価値が上がりましたが、最近はなかなか伸び悩んでますね。

去年から仮想通貨取引を始めて、現在はBTCとリップルをまだ保有してます。一時期はプラスになってたんですが、今年の始めくらいからCoincheckの問題だったりで塩漬け状態です。

東南アジアでも仮想通貨を活用したICOが出てきましたが、やはりまだまだ問題は多く規制作りが急ピッチで進められています。

今回は東南アジアの金融ハブ国でもあるシンガポールのICO案件を紹介していきます。

シンガポールの仮想通貨事情

アナリストの調査によって発表されたイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に「最も好意的な」国ではシンガポールは第3位に選ばれています。

シンガポールは仮想通貨のカンファレンスも多く開催されていて、他の国に比べると仮想通貨がオープンな国だと思います。最近だとチャットアプリのLINEも仮想通貨取引所のサービス「BITBOX(ビットボックス)」をシンガポールで開始しましたよね。

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)も独自トークンBithumb Coin(ビッサムコイン)をシンガポールでICOを行うと発表もありました。

さすがは東南アジアのハブ的な国ですよね。

政府がシンガポールICOのガイドラインを発表

フィンテック先進国のシンガポールでは政府がICO活動を保護や活性化を目的としてICOのガイドラインを発表しています。まだまだ色々な変化があるような気がしますが、ガイドラインをしっかりと作る事で投資家も安全に投資活動が行えるようになりますね。

シンガポールでガイドラインが今後しっかりと確立されるとシンガポールのICOはもっと活発になると思います。

シンガポールのICOリスト

こちらがシンガポールのICOになります。もしも情報として抜けていたらこっそり教えてくださいね。

Morpheus Labs

Morpheus Labsが発行するMITXトークンはEthereum(イーサリアム)やNEM(ネム)などのブロックチェー技を使ったサービスが簡単に作成する事が出来るプラットフォームです。

Morpheus Labsのサイトはこちらから

Cloud Moolah

Cloud Moolahが発行するMOO Tokenは今後ローンチ予定のMOO Storeで使われる。MOO Storeは仲介を介さず世界中のゲームデベロッパーが東南アジアのゲームユーザーにリーチする事が出来るプロジェクトです。

Cloud Moolahのサイトはこちらから

Fusion(フュージョン)

Fusion(フュージョン)はブロックチェーン上でさまざまな仮想通貨の相互運用を可能にするプロジェクトです。なんと5日間で51,600ETH以上を集めハードキャップを達成しました。

Fusionのサイトはこちらから

Wowoonet

Wowoo(ワォー)はICOを行いたい企業がプロジェクトがWowoo(ワォー)を通すことで簡単にICOを行う事が出来るICOプラットフォームです。既に日本最大級のQ&Aサイトを展開するOKWAVEで導入されています。

Wowooのサイトはこちらから

まだ、仮想通貨はどうなるか未知の可能性を秘めています。今度、フィンテック先進国のシンガポールの動きは注目ですね。