安くて快適なタイのプリペイドSIM「dtac」を使ってみた

先日、イベントでタイに行ってきました。

1年振りのタイはやっぱり欧米人の方も多いし、常に旅行者で賑わっていて東南アジア感はゼロに近い。のスワンナプーム国際空港はかなり綺麗ですね。住んでるジャカルタも第3ターミナルがオープンしましたが、スワンナプーン国際空港と比べちゃうとかなり差があるんですよね。

早くインドネシアの空港もスワンナプーン空港くらいまでになればいいな。

今回はタイでdtacというSIMカードを購入して使ってみたら、かなり快適だったのでdtac SIMカードのレビューをしたいと思います。

到着ロビーを出るとすぐにいくつかモバイルキャリアの店舗が目に入ります。

dtacの店舗は7番ゲートのすぐ隣にあります。

スワンナプーム国際空港 dtacの店舗

スワンナプーム国際空港イミグレを出てから目立つ3Gじゃなくて既に4Gを全面に押してる看板がdtacの店舗。買った時はかなり人も並んでました。

後で調べたんですけどdtacってタイでもシェア率がかなり高い有名なモバイルキャリアなんですね。

タイのモバイルキャリアのマーケットシェア

約26%のもあります。

こちらのブログでdtacモバイルキャリアを詳しすぎるくらい説明してくれてます。

タイでプリペイドSIMを使う その65: DTACの情報を総まとめ! 2017年夏版

こちらはdtacの料金表です。

dtac SIMカードの料金表

色々なパケットのパッケージがありますね。容量は他の情報を見ると少しづつグレードアップしてるみたいです。

タイも3Gじゃなくて既に4G化が進んでます。

今回は5日間の滞在だけなので一番安い4.5GBのSIMカードを購入。

299THBなんで日本円だと約1,000円くらいです。

1GBあたり約222円

日本より格段に安いですよね。

SIMを購入すると店員さんがSIMを交換してくれます。

タイの4Gはどんなものなのか?

SPEEDTESTで測ってみると・・・

20.64!?

はやっ!

快適すぎる。

5日間のタイの滞在では何不自由なくスマホライフを送ることができました。

タイに滞在する時はdtacのプリペイドSIMが早くて安くてオススメです。

dtac