東南アジア主要6か国1人あたりGDPのまとめ

インドネシアに住んでいて体感することはないですが、インドネシアの景気も徐々によくなってきました。本当に緩やかに緩やかにGDPは伸びてます。年間だと5%前後の上昇率となります。

特にインドネシア人の購入するものも変わってないですし、ユーザーの消費はほとんど変わってないと思います。海外からの投資によって補われるのが現実です。

今回は東南アジアの主要6カ国の首都別GDPをまとめてみました。各国のデータはGoogle Public Dataのサイトを参考にしています。

グラフは分かり易いように日本とバブってる中国の一人あたりのGDPをグラフに追加しています。

東南アジアの主要6カ国別1人あたりGDP

事前に2016年日本の1人あたりGDPは38,895ドルなので日本円で約428万円くらいになります。まぁこんなもんかなって実感できる数値です。

シンガポールのGDP

シンガポール1人あたりのGDP

1人あたりのGDP(年間):52,960ドル

2010年あたりから日本のGDPよりも高くなっています。シンガポールが東南アジアのハブといわれるのがよくわかります。

日本からシンガポールに出張や旅行で行った人もシンガポールは物価高いな。ってよく言ってますよね。

インドネシアのGDP

インドネシア1人あたりのGDP

1人あたりのGDP(年間):3,570ドル

 

マレーシアのGDP

マレーシア1人あたりのGDP

1人あたりのGDP(年間):9,502ドル

 

フィリピンのGDP

フィリピン1人あたりのGDP

1人あたりのGDP(年間):2,951ドル

 

タイのGDP

インドネシア1人あたりのGDP

1人あたりのGDP(年間):5,907ドル

 

ベトナムのGDP

ベトナム1人あたりのGDP

1人あたりのGDP(年間):2,185ドル

東南アジア主要6カ国1人あたりGDP比較

東南アジア主要6カ国1人あたりのGDP

2000年からの1人あたりのGDP成長率はこんな感じです。

東南アジア主要6カ国1人あたりのGDP成長率

参考サイト:Google Public Data

日本や中国と比べることでざっくりと1人あたりのGDPを実感できたと思います。